Contact Us
Your best partner
Successful market entry to business expansion from a leading consulting firm in Vietnam since 2008.

Knowledge

質問

EPE企業が他のEPE企業との取引で、製品を販売する場合、VAT10%の計上した請求書を発生しなければなりませんか。

回答

請求書ではなく、領収書を発行する必要があるが、VAT 10%の計上は必要がない。

政府の発行するDecree 29/2008/ND-CP号の第3章第21条1項で、「EPZ及びEPEは非関税区域の優遇制度を適用される」と規定があるので、ベトナム税制で非関税区域に対する以下の規定をEPEに適用する。

VATについて、付加価値税法の第1章第5条20項の規定に従い、非関税区域同士がお互いに売買する商品は、VATの非課税対象になるので、売価にVAT 10%を計上する必要がない。

■領収書について、財務省の発行する2010年9月28日付のCircular 153/2010/TT-BTC号の第I章第3条2項b)、更に同Circularの付属書4号の第2条2.15項の規定によると、非関税区域における企業は、商品を販売する際に、同Circularの付属書5号の雛形5.3のような領収書を発行する必要がある。

■通関手続きについては、財務省の発行する2010年12月6日付けのCircular 194/2010/TT-BTC号第II編第II章第45条3項g)の規定に従い、EPE同士がお互いに商品を販売するとき、以下の通り取り扱う。

・同EPZ以内の場合、通関手続きが不要

・その他、同Circularの第II編第II章第41条6項及び7項に定める通関手続が必要

質問

工場と本店は別々のところに位置している。工場が生産した製品を本店に移動後、販売先に販売する場合、製品運版時に必ず持参しなければならない書類がありますか。

回答

2003年12月10日付政府発行のDecreeNo.158/2003/TT-BTCの施行ガイドラインである2003年12月12日付大蔵省発行のCircular No.120/2003/TT-BTCのPart.B, Charter IV, Article 5.6及び改定VAT税法によると、下記の2通りがあり何れかを適用しても良いとなっております。
1. Using added value invoices as a basis for settlement and declaration of VAT payment in each unit and at each independent stage.
2. Using delivery-cum-internal transport bills (関係会社間移転確認書兼出荷伝票) issued by the Finance Ministry (the General Department of Tax), together with the internal transfer orders for goods internally transferred(内部移転命令書); using the delivery bills for goods for agency sale, issued by the Finance Ministry (the General Department of Tax) for goods delivered to agents, together with the internal transfer orders.
尚、税務総局発行No.1379/TCT-CSの回答公文書によると、関係会社間移転確認書兼出荷伝票は、インボイスと同様な管理されるものであり、雛形No.5.5内部移転命令書(CircularNo.153/2010/TT-BTCの付随書)と共に、あくまでも参考的で、強制的にそのまま使用しなければならないわけではありません。関係会社間移転確認書兼出荷伝票は、上述の雛形のように、必ずしも「単価」及び「金額」の記入スペースを配置しなければならないわけではありません。
その為、上述の参考用雛形を参考に、企業の活動に応じて項目を削除したり、加えたりすることが可能であります。
【関連条文の引用】Circular No.120/2003/TT-BTC,Part.B, Charter IV
************************************************************
5.6. Production and/or business establishments which deliver and transfer goods to their dependent cost-accounting establishments such as branches, shops… in other localities (provinces, centrally-run cities) for sale or transfer among branches, dependent units; deliver goods back to the business establishments from dependent cost-accounting units; deliver goods to agents for sale at fixed prices and enjoying commissions based on the mode of business organization and cost-accounting, may opt for either of the two following ways of using invoices, vouchers:
– Using added value invoices as a basis for settlement and declaration of VAT payment in each unit and at each independent stage.
– Using delivery-cum-internal transport bills issued by the Finance Ministry (the General Department of Tax), together with the internal transfer orders for goods internally transferred; using the delivery bills for goods for agency sale, issued by the Finance Ministry (the General Department of Tax) for goods delivered to agents, together with the internal transfer orders.
Dependent cost-accounting units and units acting as agents, when selling goods in various forms, shall have to make invoices as prescribed, and at the same time, to make the lists of sold goods (according to Form No. 02/GTGT promulgated together with this Circular, not printed herein), and send them to the establishments which have delivered the goods to them or delivered goods for agency sale so that these establishments make added value invoices for goods actually consumed. Where an establishment has a large sale volume and turnover, such a list may be made every 5 or 10 days. Where the sold goods are subject to different VAT rates, different lists must be made for sold goods according to their tax rates.
Production and business establishments shall apply only either of the two methods of using invoices and vouchers prescribed at this Point and, before applying it, must make registration with their managing tax offices.
****************************************************************

質問

EPE企業と取引を行う場合、VAT(付加価値税)の税率は0%と認識していますが、 本取引はローカルの下請け企業との取引が発生し、そのローカル企業にVAT%を支払いっている。支払ったVAT10%につきまして、インプットVATとして控除若しくは還付できるかどうか

回答

ローカルの下請け企業に対して、払ったVAT10%は還付されると考えられます。

2008年発行の規定(※1)によると、
非関税地域(EPE企業等)で提供する建設及び据付サービスにかかるVAT率は0%となります。

また、同規定(※2)によると、
課税対象の商品及びサービスの製造や提供のために利用された商品及びサービスに係るインプットVATは全て控除できるとのことですので、
ローカルの下請け企業に対して払ったVAT10%は還付されると考えられます。
「1. The tax rate of 0% is applicable to exported goods and services; construction and installation of works of export processing enterprises; goods sold to duty-free shops; international transportation; exported goods and services not liable to VAT (except for cases not subject to the tax rate of 0% specified at Point 1.3 of this Section.」
***********************************************************************
Input VAT on goods or services used for the production of and trading in VAT-liable goods and services may be wholly credited. ***********************************************************************

質問

輸入した商品を輸入日より365日以内に、第3ヶ国に再輸出する場合、輸入税、VAT税は還付されますか。

回答

ベトナムの関税法定(Circular No.194/2010/TT-BTC、第113条)によると、輸入した物品は、

外にある仕入先への返還
第3ヶ国への再輸出、もしくは、
非関税地区への輸出

の何れかに該当する場合、下記の一定の条件を満たせば、実際に再輸出した物品分の輸入税の還付申請又、輸出税を納税しなくてよいと認められるとなっています。

【一定条件】

(a) 輸入日からベトナム国外又は非課税地区への再輸出までの期間が365日間以内
(b) 再輸出する予定の物品は、ベトナムにおいて生産、加工、修理又は使用されていないこと
(c) 輸入通関手続を行った時との、同一の税関にて、再輸出通関手続を行うこと

尚、輸入した物品を輸入税納税期日前までに、再輸出した場合、実際に再輸出した物品に対する輸出税が免除されます。

但し、一方、商工省発行のOffical Letter No.6321によると、外資系企業は、輸入した物品を、販売を目的に再輸出することを禁止されるとなっています。

従いまして、外資系企業(FDI)である御社は、輸入した物品を、販売を目的に、頻繁に第3ヶ国に再輸出することができないし、輸入税・VAT税の還付免除を受けられないと考えております。

【根拠法】詳細は、下記の通りでございます。

1. Circular No.194/2010/TT-BTCの第113条第8項
2. Offical Letter No.6321

【Circular No.194/2010/TT-BTCの第113条第8項の英文引用】
Article 113 Competence to consider tax reduction
8. Imports which have to be re-exported for return to foreign goods owners or to third countries or into non-tariff zones (for use in these zones or export abroad, except export into special trade economic zones, trade industrial zones and other economic sectors, which complies with the Ministry of Finance’s separate guidance) may be considered for refund of import duty amounts already paid in proportion to quantities of actually re-exported goods and for which export duty payment is not required.

 

a. Conditions for being considered for refund of paid import duty amounts and non-payment of export duty:
  a.1 Goods are re-exported abroad or into non-tariff zones within 365 days from the date of actual importation;
  a.2 Goods have not yet gone through production, processing, repair or use in Vietnam;
  a.3 Goods are cleared from procedures for their export back to countries of origin at district-level Customs Departments which have cleared procedures for their importation.
b. If the import duty payment time limit for imports subject to re-export has not expired, import duty payment is not required for quantities of actually re-exported goods.
Top